•  マッキー

5. 楽しく釣るために・・・

僕のフライボックスのなかに、1/0のフックにデアーヘアーで巻いたネズミのようなカエルのようなフライや、#2に巻いたマドラーミノウの変型、さらにスティムレイターなど、大きくて騒がしいのが、いつも3~4個はいっています。このスティムレ-タ-はオレンジ色だからキムチと呼んでますが、まさにstimulator(刺激物)そのもの。

 これらのフライは季節や時間など川の条件とは無関係に、必ず1日に1回以上出番があります。どんな時かは決まってないのですが、釣れない時、釣れすぎるとき、なーんか大物がいるなあってとき、ま、ところ嫌わずというのですか、出たがるのです。

 ガンガンの流れの上からフラフラッて落としたり、流れをクロスに滑らせたり、結果は魚に無視されることのほうが多いのですが、このデカモノを投げているだけで胸がさわぐしザワザワします、だから下からドカンとヒットしようものなら、ニヤリどころかガハハハッてことになります。まあ、結果は別にしてもう7~8年続いてますから僕にとっては楽しく釣るため条件といえるわけです。

 最近では、水性昆虫の雰囲気はすこし残しながら極彩色で、SF的というかアクセリーのようなフライをスケッチしながら楽しんでますから、そのうちフライボックスに登場するでしょう。釣れるかどうかはわかりませんが、蛍光色を交えてギンギンですから原宿といったところでしょうか、女の子にはもてそうな気がします。

 楽しむといえば、いま極端に短いロッドと長いロッドを試作しようと考えてます。短いロッドは3年前からシーカヤックでの沖縄の離島めぐりをしてるんですが、ハ-リングをするためのロッドで6'6"の長さでリールシートから下に1'0"の偏平のグリップをつける、これはシーカヤックを漕いでると両手が使えないから、ライフジャケットの背中に差し込んでホールドするためと、大物とのやり取りにちょっと長めのエキステンションバットというところです。実際、60センチ前後のレインボウランナー(つむぶり)がヒットしてきますから、その日のキャンプでのハッピータイム(泡盛タイム)を盛り上げるための必需品になるわけです。 

 長い方のロッドは、あまり現実的ではないんですがシングルハンドで12'0"ロング、7番前後のロッドをつくろうとおもっています。12'0"というと通常ダブルハンドロッドになりますがそれをシングルでということですから130g前後まで軽くすることが条件になりますが、僕が使っている海用の9'0"で11番、エキステンションバット、フォワードグリップ付きのロッドで180gだから130gはなんとかクリアーできそうな重さです。それより12'0"の長さを振ったたときの空気の抵抗や、ブランクの強度その肉厚がすこし気になるところです。ダブルハンドでいいじゃないかという意見も当然あるでしょうが、シングルにすることで、軽く細くなりますから釣り場での取り回しもいいし、釣味もいいはずです。2"のエキステンションバットをはめ殺しにして、疲れたら両手でもキャストできるようにしようと考えてます。さらにグリップの右手の位置はダブルより1'0"下になりますから11'0"の長さにしても12'0"分のロッドパワーを使えるることになります。11'0"にすればさらに軽くなると思いますが、すべてはてはテストの結果になるでしょう。

 ロッドの試作は本来なら工場につくらせるのですが、今回はこの20年間につくったロッドのサンプルや中止した試作品などを利用して自分用の1本をつくるわけです。たとえうまくできたとしてもしょせん際物です、マーケットに出ることはないでしょう。しかし、フライやロッドにかぎらず人のやらないことをやったり考えたりというのも釣りの楽しみのひとつだし、そのことからなにか違うことへと広がってくれると面白いことが始まりそうな気がします。

1回の閲覧

Copyright © Atelier M All Rights Reserved.