•  マッキー

3. フックキーパーを使わない

[フックキーパーはつけないで下さい」と、最近注文のときによく言われます。フックキーパーを使わないで ガイドをキーパーがわりに使う人が増えてるんです。リーダーが長くなってるせいか、または先達の人が雑誌に書いたのかもしれない。しかし、こうしたら釣れるよって、アクティブな話なら話題にもなり流行りもしますが、(ほんとに釣れるかは別にして)しかし、フックキーパーについては、こうしたら釣れるってこととあまり関係ないから大声をだすほどのことではなくて、人のを見たり、ひょっと考え付いたり、仲間内で広がったりとそんな気がします。

 昔から、ここにフライを掛けるのですといわれ、グリップの先に、小さいのに大きな顔してついてるのですから、素直にかけるのが当たり前なんです。便利ですから。ところが、使ってる内に分かってくる、キーパーにフライを掛けてラインをリールに巻取るとラインがトップガイドよりなかに入ってしまって、次にラインをだす時に、リーダーとの継ぎ目が引っ掛かってだしにくいんですね。そこで、キーパーではなくガイドにフライを掛け、リーダーをリールにまわしてラインを巻取る、こうするとトップからラインが出てますから、次のポイントでスムースにひきだせるんです。ライズを見つけてもイライラせずにキャストが

できるわけ。ただし、最近の16フィート、20フィートのロングリーダーでは無理ですよ、8フィートのロッドとして12フィート前後でしょう。


   ついでですが、このロングリーダーシステムは魚を釣るにはとても有効な手段ですが、ビギナーにはこの長さはコントロールできません、ですからいいとこ取りで、ロングティペットをいかしたリーダーにする。例えば、9フィートリーダーのバット部を1ー2フィートカットして、ティペット部に2フィートほどティペットを足すのです。多少ターンオーバーが落ちますが、効果的です。で、フックキーパーの話に戻りますが、わたしは昔、佐藤盛男さんのこのキーパーの使い方を見てうなりました、目からウロコでした。すぐにフライフイッシ

ングジャーナル誌に、このことを使って”釣り人は考える”という広告を創りました。その時のもう一つのアイデア、木に引っ掛かってしまったフライを回収する方法です。これは実に効果的です、ぜひおためしあれ。

  引っ掛かったフライのところまで、糸ふけをとりながら糸を張った状態でトップガイドをスライドさせる、そのままトップガイドでフライのゲ-プを押し上げるのです。近くの根掛かりも同じ要領です。必要以上に強くやると竿先を折ります。ま、簡単に外れることが多いのですが、バーブレスにするとなおいいですよ。ただし、ティペットが巻き込まれてるときは外れません、諦めること。枝を折ってでもなんて考えるのは、やめてください。わたしたちの相手は魚なんですから。

2回の閲覧

Copyright © Atelier M All Rights Reserved.