•  マッキー

26. 力をいれればいいってもんじゃない!

先日,珍しく駅のホームでゴルフのスイングを繰り返してる人を見たそばで先輩風の人が距離を出すにはインパクトの瞬間を強く振るのだとレクチャーしていた、腕だけでのフォームだからわからないが、見ているとこれではスライスするか、ダフルかしそうだった。 どこかフライフイッシングのキャスティングに似てるなと思った。遠くに飛ばしたい、フルラインを出したいとシュートする時に初心者ほど、目一杯力を容れてキャストしがちと同じで、どうしても力んでしまう。 ゴルフでも野球でもテニスでも同じでむやみに力を容れたら飛ばせるものでもないだろうに フライフイッシングの場合、ロッドを曲げてその反発力でシュートするわけだから力より曲げる事に気を使うべきなのです。ホールするのも、アンカーをうつのもそのためでしょう。 ともあれキャスティングはキャリアを重ねるうちにのびてくるものですキャリアの浅い人はロングキャストより釣をを楽しむのがいいです

釣は楽しみで、苦しむではないですからロッドを振り下ろせば5mは飛び、これで日本の川では十分楽しめます 力まずにさらに、以前にもかきましたが、軽く滑らかにキャストするために細いグリップを薦めます 形は好みそれぞれですが薬指と小指のあたるところは21m/m径前後だと軽く握れて肘、肩と腕の振りもスムーズになり投げている実感がキャスティングを楽しい物にします



5回の閲覧

Copyright © Atelier M All Rights Reserved.