•  マッキー

2. かたいロッドと柔らかいロッド

フライロッドは大別すると、柔らかいロッドと、堅いロッド、この二つになるんですが、釣味と同じように「じゃあどっちがいいんだい」とよく聞かれます。これにははっきりとした答えはありません。「どっちが好きか」なら「こっち」と言えます。釣り場の状況によっても「こっち」と言えそうです。ですから、いいロッドというのはたとえば、投げてて気持ちいい、投げやすいなど釣人それぞれの判断になるんですね。この竿は大物がつれるなんてのもいいロッドじゃあないのかな。(ちがうかな?)

ベテランになるほどそのロッドの癖に合わせてキャストできるから、いいわるいを選ばずに使いこなしますが、ビギナーの人はどうするのか、私はやや堅めのロッドにして、それに1番手うえのラインをのせて練習するようにすすめています。

先日、「ニンフには柔らかいロッドがよいと言われてるが逆ではないか、堅めのロッドのほうがいいと思うのだが」と意見を求められました。そのとき私もそう思う、なぜならば堅めだと、魚の当たりがより敏感に手に感じるからと答えたのですが、いま思うに、これは間違いかなと思いはじめてるんです。

ドライの場合、魚は危険な水面に出てフライを吸い込みますから、瞬時に反転して川底のテリトリーに戻ります。ニンフの場合は、テリトリーから大きく離れずにゆったりとフライを吸い込む、この時柔らかいロッドは抵抗が小さいから多少でも食い込みがいいのではなか、と考えたのです。

魚の口辺には痛点がないのですが、口の中は相当にデリケートのようです。それはムーチングで釣るとよく分かります、生き餌を使いますから、過半数のどに掛かります、ストリーマーでは口辺に掛かるのがせいぜいです。魚は瞬時に本物かどうか判断するんですね。だからム?チングは、より食い込みをよくするために柔らかい竿を使います。同じことが、ニンフフイッシングにも言えるのではないかと、どうでしょうか。

とは言っても、ロッドにもモゼッタイモはありません。私の場合ほぼドライで釣るんですが、釣れない時に川底でギラリと光ったりしたら、当然ニンフに変えますね、そんな時、竿が堅いだの柔らかいだの言ってられますか、で、3投目にゴーンなんてヒットしたら、もーう

そのロッドはいいロッドなんですから。10投目だっていいですけど。なんだか、1回目と同じになってしまったようだけどま、魚がかかったら嬉しいんだからいいんじゃないでか。、

0回の閲覧

Copyright © Atelier M All Rights Reserved.